プロフィール

Kuriharaクリ・ラボ  KURI-LAB.
栗原幸治   Kurihara Koji
Art Director / Graphic Designer

 

1966年山口県下関市生まれ
1990年多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業
株式会社ミサイル・カンパニー
株式会社エヌ・ジーを経て、2005年クリ・ラボ設立

CLOSE

WORKS

Graphics

Packaging

Books

CI/Logotype

CLOSE

MEMO

『墨』279号発売中

芸術新聞社 雑誌『墨』279号発売中です。表紙などデザインしました。背景の作品は良寛さんの「般若心経」です。「心ととのえる書」見出し文字は原稿用紙に見立てた枡の中に。ぼくは仕事がら文字を組んで字詰めしていると1文字1文字が立ち上がって見えてきて「ととのえる」のを感じます。

 

 

未来の博物館

東京国立博物館創立150年記念事業 特別企画「未来の博物館」のポスターチラシをデザインしました。イラストは北澤平祐さん。デジタル技術×日本美術体験をテーマにした3つの異なる展示内容を万華鏡のように仕上げていただきました。デジタルとアナログ異なる描線が絶妙なのです。展覧会ロゴは支給していただいたもの。会期は2022年10月18日~12月11日。

 

 

 

 

 

ピカソとその時代

国立西洋美術館の「ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展」開幕しました。ポスターなど印刷物をデザインしています。金色に輝くチケットを制作しました。音声ガイドは長谷川博己さん、落ち着いた語り口で心地よいのです。

 

 

 

 

 

 

人形作り いろはの“い” 会場

入り口ではチケットが巨大化した看板がお出迎え。人形の頭(かしら)の展示も美しく工夫されています。図録表紙、会場外パネルにも頭の製作工程模型の写真を並べています。

 

 

 

 

人形作り いろはの“い”

さいたま市岩槻人形博物館「人形作り いろはの“い” ~後世に伝えたい桐塑の技~」展覧会のポスター、図録などデザインしました。チケットは型抜きで4種類! リアルでかわいいと評判のイラストは菅澤真衣子さん。12月4日までです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CLOSE

CONCEPT

日常の暮らしの中で、
目に新しいか、
感触はどうか、
発見があるか、
美しいか、楽しいか、
それはヒト(ココロ)やモノが動くか、
しつこく、考えています。

 

わかりやすいカタチにして、
きちんと働くデザインを提示していきたい。

 

クリ・ラボ 栗原幸治

CLOSE

River

WEEK

20221128 20221124 20221122 20221119 20221118 20221117 20221112

BACK NUMBER

CLOSE

FRIENDS

このサイトのデザインに協力していただいたのはランチパッドデザインの黒野さん。

web上での「引き出し感」をテーマに、

閲覧時にできる限り手数が少なくなる設計をしてもらいました。

黒野 剛 launch pad design

 

CLOSE

ACCESS

クリ・ラボ 案内図

CLOSE

SITE POLICY

個人情報の取扱いについて

個人情報はその個人の重要な財産であり、その取り扱いにおいて弊社は、
読者やお客様の信頼に応えなければなりません。
運営に関わる全てのスタッフが、読者やお客様などの個人情報を適切に取り扱うために
以下の事項を実施いたします。

○個人情報保護に関するコンプライアンス・プログラムを策定・実施・維持し、
継続的に改善します。
○個人情報保護のための体制を確立します。
○個人情報の収集はその収集目的を明らかにし、必要最小限の範囲で行います。
○収集した個人情報の利用、提供は収集目的の範囲で適切に行います。
○個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改ざん
および漏洩を予防するための合理的な安全対策を講じます。
○個人情報に関する法令およびその他の規範を遵守します。

 

著作権について

当ウェブサイトに記載されている内容の著作権は、
KURI-LAB.または使用を許諾している第三者に帰属します。
著作権法により、著作権者に無断で転用、複製することはできません。
当ウェブサイトは、予告なしに内容を変更または廃止する場合がありますので、
あらかじめご了承ください。

 

運営

KURI-LAB.
〒104-0043 東京都中央区湊3-2-9-804

CLOSE

CONTACT

Some content

CLOSE