プロフィール

Kuriharaクリ・ラボ  KURI-LAB.
栗原幸治   Kurihara Koji
Art Director / Graphic Designer

 

1966年山口県下関市生まれ
1990年多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業
株式会社ミサイル・カンパニー
株式会社エヌ・ジーを経て、2005年クリ・ラボ設立

CLOSE

WORKS

Graphics

Packaging

Books

CI/Logotype

CLOSE

MEMO

東高現代美術館

大学4年の時、表参道にあった東高現代美術館でアンゼルム・キーファーの《室内》を見た。確か一番奥の展示室。突き当たりにコールタールと麦藁で塗りたくられた巨大な作品があった。この目で作品と対峙した時、言葉にできない何かが伝わってきた感じがした。その時感じた衝撃の熱をいまだに持ち続けている。くすぶり続けているその熱でこの仕事を続けている。自分は直接作品を見ることで影響を受けた。だから展示中止になったさまざまな展覧会を本当に残念に思う。

図録

 

 

できた! 中止になった世田谷美術館「驚異の三人!! 高松次郎・若林奮・李禹煥―版という場所で」展の入魂の図録。青い花切れに青いスピン。追記:展覧会は4月18日からの開会を予定されていましたが中止となりました。残念です。

レターパッド

レターヘッド

 

 

できた! ロゴに使用した12色をグラデーションに展開して色帯に。グラデーションの印刷再現の検討をした結果、イラストレータで作成したグラデーションをフォトショップに書き出してノイズを加える→ガウス分布した画像を使用したものが一番滑らかで鮮やかになりました。用紙はパスピエクリーム 四六57kg 「デザインのひきだし」の付録、筆記特性にこだわった紙ノートからピックアップさせていただきました。ありがとー「デザインのひきだし」。

蔵書票

EXLIBRIS

 

 

できた!杉林が本の奥に広がる感じで。

ピカソ展

 

 

ピカソ展-ゲルニカ[タピスリ]をめぐって 群馬県立館林美術館で開催中です。ポスター、図録などデザインさせていただきました。11月17日は原田マハさんのトークショーに行ってきました。まさに今聞きたい《ゲルニカ》のこと。ものすごい情報量の90分で一緒に過去と現在を旅した気分にさせていただきました。

CLOSE

CONCEPT

日常の暮らしの中で、
目に新しいか、
感触はどうか、
発見があるか、
美しいか、楽しいか、
それはヒト(ココロ)やモノが動くか、
しつこく、考えています。

 

わかりやすいカタチにして、
きちんと働くデザインを提示していきたい。

 

クリ・ラボ 栗原幸治

CLOSE

River

WEEK

20200523 20200517 20200516 20200505 20200502 20200425 20200419
CLOSE

FRIENDS

このサイトのデザインに協力していただいたのはランチパッドデザインの黒野さん。

web上での「引き出し感」をテーマに、

閲覧時にできる限り手数が少なくなる設計をしてもらいました。

黒野 剛 launch pad design

 

CLOSE

ACCESS

クリ・ラボ 案内図

CLOSE

SITE POLICY

個人情報の取扱いについて

個人情報はその個人の重要な財産であり、その取り扱いにおいて弊社は、
読者やお客様の信頼に応えなければなりません。
運営に関わる全てのスタッフが、読者やお客様などの個人情報を適切に取り扱うために
以下の事項を実施いたします。

○個人情報保護に関するコンプライアンス・プログラムを策定・実施・維持し、
継続的に改善します。
○個人情報保護のための体制を確立します。
○個人情報の収集はその収集目的を明らかにし、必要最小限の範囲で行います。
○収集した個人情報の利用、提供は収集目的の範囲で適切に行います。
○個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改ざん
および漏洩を予防するための合理的な安全対策を講じます。
○個人情報に関する法令およびその他の規範を遵守します。

 

著作権について

当ウェブサイトに記載されている内容の著作権は、
KURI-LAB.または使用を許諾している第三者に帰属します。
著作権法により、著作権者に無断で転用、複製することはできません。
当ウェブサイトは、予告なしに内容を変更または廃止する場合がありますので、
あらかじめご了承ください。

 

運営

KURI-LAB.
〒104-0043 東京都中央区湊3-2-9-804

CLOSE

CONTACT

Some content

CLOSE