プロフィール

Kuriharaクリ・ラボ  KURI-LAB.
栗原幸治   Kurihara Koji
Art Director / Graphic Designer

 

1966年山口県下関市生まれ
1990年多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業
株式会社ミサイル・カンパニー
株式会社エヌ・ジーを経て、2005年クリ・ラボ設立

CLOSE

WORKS

Graphics

Packaging

Books

CI/Logotype

CLOSE

MEMO

蔵書票

 

 

できた! 東京藝術大学 美術学部 近現代美術史・大学史研究センターの蔵書票。蔵書票のアイデアを探しに研究センターのある正木記念館に行った時に瓦に文字が刻まれていることを発見。感染症の影響下で人数制限をしながら藝大美術館が開いた8月中旬の炎天下。

 

 

活版印刷

 

 

毎年更新している小さな蛇腹の作品集の印刷。写真はデータから出力した樹脂版と場所によって紙を切り抜いて貼り込んだ圧胴。ベタ面から細かな文字まで均一に印刷されるよう弘陽の三木さんが細かく調整しているもの。さらっと印刷されているようで実はとても微妙な調整と工夫がされています。これを職人技といえばまさにそうなのだけど三木さんにとってはいつも通り普通のこと。いつまでもお願いしていたいのだけれど、左右幅448ミリ、6折の蛇腹も機械と製版の問題で今年が最後。来年は1面減る予定でかなり寂しいのです。

オラファー・エリアソン展

 

 

2020年9月17日、オラファー・エリアソン ときに川は橋となる。観覧者の中高年の占める割合がとても少なくて、展示室によっておじさんが自分一人だけなんてことも。美術館女子なんて言葉が悪目立ちしたけれど、そんなに特殊な存在でもないのかもしれません。こんなにも輝いてキラキラした「映える」作品群だったのは全く想像できなかった。どうなっているんだろ、とか不思議なものに対する驚きは楽しい。次は11月の石岡瑛子展だ。

掲載誌

『アイデア』No.391に世田谷美術館の「驚異の三人!! 高松次郎・若林奮・李禹煥―版という場所で」のポスターが掲載されました。コロナ禍で中止になったイベントなどのポスターを集めて記録する企画。表紙は真っ黒に白いバッテン。バッテンを十字架とするとポスターの墓場にも見えてくる。特集頁のポスターは縮小されて白い紙にニスで印刷。世界から色が失われて骨だけ残ったポスターということかしら。企画にそって選ばれたものなので他頁のアバンギャルド具合からすると普通よね。

 

 

『アイデア』No.391

 

 

『アイデア』No.391

あるがままのアート

2020年8月19日 藝大美術館 特別展「あるがままのアート -人知れず表現し続ける者たち-」例えば執拗にグリッドを塗りつぶしていく、ドットで埋め尽くす快感。時間を忘れて無邪気に遊ぶ感じ。わかります。

 

 

あるがままのアート -人知れず表現し続ける者たち-

 

 

あるがままのアート -人知れず表現し続ける者たち-

 

 

下はボツになったデザイン案の一部。データ上で着彩していくのは紙に着彩するより随分遅いし均質過ぎて遊びに欠ける。

 

 

CLOSE

CONCEPT

日常の暮らしの中で、
目に新しいか、
感触はどうか、
発見があるか、
美しいか、楽しいか、
それはヒト(ココロ)やモノが動くか、
しつこく、考えています。

 

わかりやすいカタチにして、
きちんと働くデザインを提示していきたい。

 

クリ・ラボ 栗原幸治

CLOSE

River

WEEK

20201128 20201121 20201114 20201107 20201031 20201024 20201017
CLOSE

FRIENDS

このサイトのデザインに協力していただいたのはランチパッドデザインの黒野さん。

web上での「引き出し感」をテーマに、

閲覧時にできる限り手数が少なくなる設計をしてもらいました。

黒野 剛 launch pad design

 

CLOSE

ACCESS

クリ・ラボ 案内図

CLOSE

SITE POLICY

個人情報の取扱いについて

個人情報はその個人の重要な財産であり、その取り扱いにおいて弊社は、
読者やお客様の信頼に応えなければなりません。
運営に関わる全てのスタッフが、読者やお客様などの個人情報を適切に取り扱うために
以下の事項を実施いたします。

○個人情報保護に関するコンプライアンス・プログラムを策定・実施・維持し、
継続的に改善します。
○個人情報保護のための体制を確立します。
○個人情報の収集はその収集目的を明らかにし、必要最小限の範囲で行います。
○収集した個人情報の利用、提供は収集目的の範囲で適切に行います。
○個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改ざん
および漏洩を予防するための合理的な安全対策を講じます。
○個人情報に関する法令およびその他の規範を遵守します。

 

著作権について

当ウェブサイトに記載されている内容の著作権は、
KURI-LAB.または使用を許諾している第三者に帰属します。
著作権法により、著作権者に無断で転用、複製することはできません。
当ウェブサイトは、予告なしに内容を変更または廃止する場合がありますので、
あらかじめご了承ください。

 

運営

KURI-LAB.
〒104-0043 東京都中央区湊3-2-9-804

CLOSE

CONTACT

Some content

CLOSE